岡山藩主の名君、池田光政

池田光政

池田光政は、岡山藩主になる前は、播磨姫路藩主、因幡鳥取藩主、備前岡山初代藩主と務めて岡山藩主となりました。父親は姫路藩の第2代藩主の池田利隆、母は徳川秀忠の養女で榊原康政の娘の鶴姫です。当時の岡山藩主・池田忠継(光政の叔父)が幼少ということもあって、光政の父親の池田利隆は岡山城代も兼ねていたため、光政はそこで生まれました。

池田利隆と鶴姫の長男として誕生した光政は、1611年(慶長16年)に江戸に赴いて江戸幕府2代将軍の徳川秀忠に謁見して、国俊の脇差を与えられました。

1613年(慶長18年)に祖父の池田輝政が死去したため、父親と共に岡山から姫路へと移りました。この年には、父親と一緒に徳川家康に謁見しています。謁見したときに家康は、5歳の光政を膝下近くにまで召して髪をかきなでながら「三左衛門の孫よ。早く立派に成長されよ」と光政に言葉をかけました。そして脇差を与えましたが、光政は家康の前で脇差をするりと抜いて、じっと見つめながら「これは本物じゃ」と語ったといいます。家康は光政の態度に笑いながら「危ない、危ない」と言って、自ら脇差を鞘に収めました。そして光政が退出した後に、「眼光の凄まじさ、唯人ならず」と光政の姿に感嘆したといいます。

1616年(元和2年)6月13日に父親の池田利隆が死去しました。このため6月14日に幕府より家督相続を許されて、父の跡を継いで42万石の姫路藩主となりました。しかし翌年1617年(元和3年)3月6日に、幼少を理由に因幡鳥取32万5000石に減転封となりました。

鳥取藩主として

鳥取藩主となった光政の内情は苦しかったといいます。因幡は戦国時代は毛利氏の影響力などが強かったとはいえ、小領主が割拠して係争していた地域だったところから藩主の思うように任せることができずに、生産力も年貢収納量もかなり低かったといいます。

しかも10万石を減封されていましたが、姫路時代の42万石の家臣を抱えていたため、財政難や領地の分配にも苦慮していました。このため、家臣の俸禄は姫路時代の6割に減らされて、下級武士は城下に住む場所が無いので土着して半農半士として生活するようになりました。光政は鳥取城の増築や城下町の拡張に努めていきました。

1620年(元和6年)、幕府より大坂城城壁の修築を命じられました。1623年(元和9年)7月に、光政は15歳で元服しました。このとき当時名乗っていた幸隆(よしたか)を、第3代将軍・徳川家光の偏諱を拝受して「光政」と名乗ることになりました。このときに、家光の上洛に従って、従四位下・侍従に叙任しました。1626年(寛永3年)8月の家光上洛にも従って、左近衛少将に叙任されています。1628年(寛永5年)1月26日に本多忠刻の娘・勝子(円盛院)を大御所の秀忠の養女として正室に迎えました。

1632年(寛永9年)4月3日に、叔父の岡山藩主・池田忠雄が死去したため、従弟で忠雄の嫡男・光仲が3歳という幼少のため、忠雄では山陽道の要所の岡山を治め難いとされて、5月に光政は江戸に召しだされて、6月に岡山31万5000石へ移封となり、光仲が鳥取32万5000石に国替えとなりました。これ以後「西国将軍」と呼ばれた池田輝政の嫡孫である光政の家系が明治まで岡山藩を治めることになりました。

岡山藩主として

光政は儒教を信奉しており、陽明学者の熊沢蕃山を招聘しました。1641年(寛永18年)に、全国初となる藩校・花畠教場を開校しました。そして1670年(寛文10年)には、日本最古の庶民の学校として閑谷学校(備前市)も開きました。

教育の充実と質素倹約を旨として「備前風」といわれる政治姿勢を確立しました。岡山郡代官・津田永忠を登用して、干拓などの新田開発、百間川(旭川放水路)の開鑿などの治水を行ったほかにも、産業の振興も奨励しました。このため光政は水戸藩主・徳川光圀、会津藩主・保科正之と並んで、江戸時代初期の三名君として称されています。三名君と称された人物は個性的な人間が多く見受けられます。

光政は幕府が推奨して国学としていた朱子学を嫌っていたため、陽明学・心学を藩学として、実践したところに光政の価値があるといえるでしょう。この陽明学の教えは「自分の行動が大切である」という教えで、これを基本に全国に先駆けて藩校を建設して、藩内に庶民のための手習所を数百箇所も作りました。後に財政上の理由で嫡男の綱政と手習所存続をめぐって対立しましたが、のちに手習所を統一して和気郡に閑谷学校を造りました。

光政の手腕は宗教面でも発揮されています。神儒一致思想から神道を中心とする政策を取って、神仏分離を行ないました。また寺請制度を廃止して神道請制度を導入しました。儒学的合理主義によって、いかがわしいものを神とする淫祠(いんし)や邪教を嫌って神社合祀・寺院整理を行いました。そしてその当時、金川郡では隆盛を極めていて、国家を認めない日蓮宗不受不施派も弾圧しました。この弾圧によって、備前法華宗は壊滅しています。

こうした彼の施政は幕府にとっては睨まれる結果となったため、一時は「光政謀反」の噂が江戸に広まりました。このような「光政謀反」といった風説があったにもかかわらず、死ぬまで岡山32万石が安泰だった理由には、嫡男の綱政が江戸幕府に対して、親幕的なスタンスをとっていたこともありますが、光政の政治力が幕府からも大きな評価を得ていたのではなにか。とも思われます。

この他に、光政は地元で代々続く旧家の過去帳の抹消も行いました。また、庶民の度を過ぎた贅沢も禁止しました。特に神輿やだんじりなどを使った派手な祭礼を禁じて、元日・祭礼・祝宴以外での飲酒を禁じました。このために、備前は米どころであるにもかかわらず、銘酒が育つことはありませんでした。現在、岡山名物の料理となっているちらし寿司の一種・ばら寿司の誕生にも光政が出した倹約令が絡んでいるといわれています。倹約令の一つに食事は、「一汁一菜」というのがあり、この倹約令に対抗した策として魚や野菜を御飯に混ぜ込むことで、これで一菜と称したといいます。

正室の勝子とは、最初の頃はあまり良好な夫婦関係とはいえないとみられていましたが、その後は傍目も羨むほど仲の良い夫婦になったといいます。長男の池田綱政のほか、五女の子宝に恵まれています。その他に側室との間にも子供ができています。

池田光政の晩年

1672年(寛文12年)6月11日に、岡山藩主の座を長男の綱政に譲って光政は隠居しました。このとき次男の池田政言に備中の新田1万5000石、三男の池田輝録に同じく1万5000石を分与しています。

光政が隠居から4ヵ月半後に、母の福正院が死去して、さらにその6年後には正室の勝子も死去するという不幸にあいましたが、光政は隠居ながらも岡山藩主としての実権は握り続けました。

1681年(天和元年)10月に岡山に帰国した頃から体調を崩しだしました。光政は岡山城の西の丸で養生していましたが、年齢が70歳を超えていることもあって良くはなりませんでした。1682年(天和2年)4月に、京都から岡玄昌という名医を招聘しましたが光政の体調は良くはならなかったため、死期を悟った光政は5月1日に寝室に家老たち重臣を呼び出して遺言を伝えました。5月22日に岡山城、西の丸で死去しました。享年74歳です。

岡山藩主
~後楽園・岡山城の成り立ち~

おしらせ