後楽園を造営した池田綱政

池田綱政とは

池田光政の長男の池田綱政が後楽園の造営をしました。綱政が家督を継いだのは、1672年(寛文12年)の時に光政の隠居に伴って家督を継ぎましたが、実際のところ、父の光政が存命中の時には隠居した父によって藩政が行なわれていました。1682年(天和2年)に、父の死によって自ら藩政に取りかかることになりました。

岡山藩は、光政の治世によって藩政が安定して発展しましたが、藩が大きくなればなるほど、何事においても支出が増大していくため、光政の治世の末期ぐらいから綱政が家督を継いだ頃には、岡山藩は財政難に見舞われていました。このため、綱政は津田永忠、服部図書たちを登用して岡山藩の財政再建に取りかかりました。綱政は、財政再建のために、農村再建による新田開発が必要だと考えていました。この頃、岡山藩は大洪水などの天災が発生していたため、多難を極めていました。そのため、児島湾に大がかりな干拓を行なって、洪水対策として百間川や倉安川の治水工事を行ないました。この農業政策は成功して、岡山藩は財政が再建されることになりました。

また、綱政は造営事業にも熱心でしえた。1698年(元禄11年)には、池田氏の菩提寺である曹源寺を創建しています。そして1700年(元禄13年)に、日本三名園の一つとして有名な後楽園を造営しています。その他にも、備前吉備津宮(現在の吉備津彦神社)を造営しています。

曽祖父の輝政が三河国吉田城(愛知県豊橋市今橋町)主であった時に信心していたことが縁で、河国の行基開基の岩屋観音(同県同市大岩町)にも多大な寄進をしています。また、1707年(宝永4年)に、東海道白須賀宿に宿泊中に観音が夢に現れて立ち退くようにお告げがあったため、急いで二川宿へ向かったところ、いわゆる宝永地震が起こり、宿泊していた白須賀宿は大津波に飲み込まれてしまいましたが、綱政一行は無事で難を退かれたと言うエピソードも残っています。しかし実際には、この地震のときに、綱政は岡山の後楽園で能に興じていたときに揺れを感じていたため、間一髪、被災をのがれたというわけではありません。

1714年(正徳4年)に77歳で死去しました。綱政の跡は四男の池田継政が継いでいます。

父親との相違点

光政は武骨な気風を重んじていましたが、綱政は公家の衣装で葬ってくれと遺言するほど京文化に憧れをもっていました。また能にも詳しく、たびたび家臣や領民に能を披露していたことでも知られています。

光政は綱政を含めて側室との間にも男子を設けていますが、綱政は後継者となる男子はことごとく早世しているため、残されている「寛政重修諸家譜」には子女の多さが目立っているため、深刻な後継者問題があったことがうかがえます。六男(公式には長男)の吉政は18歳で死去しており、十五男(公式には三男)政順は14歳で死去しています。1713年(正徳3年)に、70歳をこえた綱政は、12歳の息子継政(公式には四男)を嫡子にせざるを得ない状況でした。12歳の息子ですが、幕府には14歳と届け出をしています。

かなりの子供を持ってはいましたが、女性が多く手当たり次第に女に手を出した結果、70人以上の子供を作ったとも言われていますが、江戸幕府への届出は少なく見積もり14人の子供を届けています。

ライバル

綱政がライバル視をしていたのは、鳥取藩主の池田綱清です。自分よりも少将への昇進が早かった池田綱清にライバル心を持ったとも言われています。綱政は積極的に自分の官位衝心運動を行う傍らで、1696年(元禄9年)には、江戸幕府の実力者の柳沢吉保に対して、自身の岡山藩池田家を本家として扱い、鳥取藩池田家を分家として扱ってほしいなどといったことを訴えています。

池田家宗家(岡山藩)

  • 池田光政・・・1632年~1672年
  • 池田綱政・・・1672年~1714年
  • 池田継政・・・1714年~1752年
  • 池田宗政・・・1752年~1764年
  • 池田治政・・・1764年~1794年
  • 池田斉政・・・1794年~1829年
  • 池田斉敏・・・1829年~1842年
  • 池田慶政・・・1842年~1863年
  • 池田茂政・・・1863年~1868年
  • 池田章政・・・1868年~1871年

池田家忠雄流(鳥取藩)

  • 池田光仲・・・1632年~1685年
  • 池田綱清・・・1685年~1700年
  • 池田吉泰・・・1700年~1739年
  • 池田宗泰・・・1739年~1747年
  • 池田重寛・・・1747年~1783年
  • 池田治道・・・1783年~1798年
  • 池田斉邦・・・1798年~1807年
  • 池田斉稷・・・1807年~1830年
  • 池田斉訓・・・1830年~1841年
  • 池田慶行・・・1841年~1848年
  • 池田慶栄・・・1848年~1850年
  • 池田慶徳・・・1850年~1871年

岡山藩主
~後楽園・岡山城の成り立ち~

おしらせ