岡山城の成り立ち

岡山城

後楽園は見事な庭園ですが、背景に岡山城が望めることから岡山城と後楽園との融合した美が高く賞賛されています。岡山の観光地を巡る時には、後楽園と岡山城はセットで観光したいものです。そして後楽園の他にも、岡山県立博物館・岡山県立美術館・林原美術館といった文化施設も近隣になるので、観光客以外にも岡山市民からも四季折々の風景を楽しみに訪れる人々が沢山います。

岡山城は戦国時代に、備前西部から美作、備中に勢力を伸ばした宇喜多氏が本拠としたことで近世城郭の基礎が生まれました。宇喜多氏の後には小早川氏、池田氏によって岡山城の整備と拡張が行われました。岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設されています。

当時、旭川河口部は複数の派川に分岐していました。その中の大洲原と呼ばれる広大なデルタ地帯中央に「岡山」、その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」(天満山とも)の3つの丘が連なっていて、各時代ごとに要害として使用されたとされています。その中の石山にあった石山城(いしやまじょう)に宇喜多直家が入城して石山城を改築しました。それから後に、宇喜多直家の子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設けます。そして、石山城を取り込む形で城郭が建造されました。これが「岡山城」になっています。

岡山城概要

岡山城の縄張は基本的には梯郭式となっています。三段の城郭配置が西側の一方だけに広がる平山城になっています。これを言いかえると、本丸の北から東には郭(外囲い)の無い、非常に防備が薄い縄張になっています。

そのため旭川の流路を変更して、天然の堀として東側の備えに利用したとされています。さらに郭の代りとして、「後園(後楽園)」が築かれたともいわれています。 天守は4重6階の複合式望楼型になっていて、特に初重平面形状が歪んだ多角形をしているため、同じく歪んだ多角形平面の天守台を持つ安土城天主を模したものではないかとも言われていますが、羽柴秀吉が築城した大坂城天守を模しているという説もあります。

岡山城の外観は黒漆塗の下見板が特徴的になっていて、この印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれていて、隣県にある「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれる姫路城と対比されることもあります。元禄時代の古地図からは、五重の濠に囲まれた城郭と、南北3.5km、東西1.3kmにおよぶ城下町の姿が伺えます。

明治時代に御殿・櫓・門の大半が取り壊されました。堀は内堀の一部を除いてほとんど埋められましたが、街路は江戸時代の位置をほぼ踏襲している個所が多くあります。第二次大戦中には、アメリカ軍からの空襲のため天守・石山門を焼失しています。

現在までに2つの櫓、本丸付近の石垣、内堀が残っていて、戦後に天守・不明門・廊下門・六十一雁木上門・塀の一部が再建されました。現存する月見櫓・西之丸西手櫓は国の重要文化財に指定されていて、「岡山城跡」として史跡にも指定されています。

岡山城のなりたち(南北朝時代から宇喜多氏)

時代は戦国時代の前の南北朝時代にさかのぼります。南北朝時代は皇室が南北の2つに分裂した時代で、1836年から1392年に皇室が合一するまでの時代を南北朝時代といいます。そして南北朝時代の後に戦後時代が幕をあけます。

南北朝時代~安土桃山時代

南北朝時代の1346年~1369年の正平年間に、名和氏の一族上神高直が石山台(岡山)に城を築いたと、「備前軍記」に書かれているのが「岡山城」の最初と伝えられています。その後のおよそ 150年間の城主は明らかになっていません。ちなみにこの付近には摂関家領・鹿田荘の中心部があったとされていて、旭川(鹿田川)河口の港町としても栄えていたとされています。戦国時代の1521年~1528年の大永年間には、金光氏が居城とし金川城主の松田氏に仕えていました。

1570年の元亀元年に、宇喜多直家が金光宗高を謀殺してこの地を支配ました。宇喜多直家は、備前守護代浦上氏の一族浦上宗景の被官でしたが、宇喜多直家は親戚関係などをも含めた備前の豪族を、策略や暗殺といった手段によって次々と滅ぼしていき、主家浦上氏を圧迫するまでに成長していきます。備前西部を中心に勢力を急速に伸張していきました。

1573年の天正元年、宇喜多直家はいままでの居城としていた亀山城(沼城)から石山城に入城して、城の改築と城下町の形成を行いました。この頃の石山城(岡山城)は、縄張が東西に走る連郭式であったと推定されています。宇喜多直家は北方の山裾にあった西国街道を、城の南に沿うように付け替えて城下に導いていきました。そして備前福岡、西大寺などから商人を呼び寄せて、いわゆる城下町の整備を行い積極的に流通主導による経済振興とも言うべき政策をとりました。この政策は織田信長が、安土城を築城する3年前のことです。経済振興ともいえる政策を宇喜多直家がとった理由のひとつには、直家が幼少の頃に、備前福岡の商人に庇護を受けからとも言われています。

そして宇喜多直家の主家である浦上宗景の居城、天神山は巨大なものではありましたが天神山にある山城になっているため、宇喜多直家の水辺に近い小高い丘の石山城とは対照的になっています。

1575年(天正3年)には、浦上宗景の兄・政宗の孫をおしたてて浦上宗景を播磨へ放逐することに成功します。事実上の下克上を行いました。宇喜多直家はやがて備前、美作、さらに播磨、備中の一部を支配下に置くことになりました。

宇喜多直家の子、宇喜多秀家は、豊臣秀吉の政権下で父の遺領をほぼ継承して、57万4,000石の大大名となりました。大大名にふさわしく大名として相応した城とするために1590年(天正18年)~1597年(慶長2年)の8年間にわたる大改修が行われました。そして、近世城郭としての体裁を整えることになりました。

宇喜多秀家は「岡山」に本丸を構えて、石山城の本丸を二之丸内郭にします。そして二之丸を西之丸として、そして内堀を挟んで二之丸、その西に三之丸の郭を整備しました。これらは織豊系城郭に特徴的な高石垣の積まれた城になっています。本丸は本段、中の段、下の段に分かれた構造になっていて、本段の北寄りに金箔瓦を使用した壮麗な4重6階の望楼型天守を建てました。そしてそのままでは本丸の東側の守りが極めて薄い構造となったため、旭川本流を城郭の北から東側に沿うように極端に寄り添わせる形として、天然の堀としています。

ただしこの強引ともいえる、付け替えによって明らかに不自然な形となった水の流路は、城下に洪水を多発させる原因となり、やがて放水路としての百間川の整備へとつながります。そして城を南から取り巻くように西国往来の道筋を変えて、宇喜多直家時代の城下町をさらに拡大して整備して、引き続き領内の有力商人を勧誘して経済活動を発展させるよう努めました。築城には義父となった豊臣秀吉の意向が大いに働いていると言われています。宇喜多秀家は、父親の直家が1581年(天正9年)に亡くなった時にはまだ幼かったため、秀吉に育てられました。本能寺の変の後に政権を握った秀吉のもとで、大きく成長したこともあり秀吉の意向にそったお城造りとなったことが十分に伺えます。それから後、この城は「岡山城」、城下町は「岡山」の呼称が定着することになりました。

岡山藩主
~後楽園・岡山城の成り立ち~

おしらせ