日本三名園のひとつ「後楽園」

後楽園の歴史

岡山県を代表する観光地のひとつ「後楽園」は、岡山市内を流れる旭川をはさんで岡山城の対岸の中州に位置しています。江戸時代の初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園です。藩主が賓客をもてなした建物の延養亭(えんようてい)を中心とした池泉回遊式の庭園になっていて、背景には岡山城や周辺の山を望むことができます。江戸時代には、呼び方が今とは違って延養亭を茶屋屋敷、庭園を後園または御後園と呼んでいました。後楽園の総面積は東京ドームの約3倍の広さの133,000平方メートルです。着工したのは1687年(貞享4年)で完成したのは1700年(元禄13年)ですので、14年の歳月をかけて完成しました。1871年(明治4年)に、園内を一般開放するにあたって名称を「後楽園」と改めています。

後楽園から旭川を隔てて南にある岡山城は1597年(慶長2年)を築城したのは、豊臣家五大老の一人で、時の岡山藩主だった宇喜多秀家が旭川の流域にあった「岡山」という小高い山を利用して築城したものです。この時に、旭川を城と城下町の防御を固めるための堀の代わりとして利用するために、旭川の流路を岡山城の手前で大きく東方へ曲げて城の北東面に沿わせて、さらに南流するように変えました。これによって、城と城下町の防御は強固なものになりましたが、あまりに不自然な流路となったために、これ以後、岡山城下はたびたび洪水に悩まされることになりました。

岡山藩主の座は宇喜多氏の後に、小早川氏から池田氏へと移り変わって、4代目の池田綱政の治世となりましたが、この時に大きな変革となりました。

4代目池田綱政が藩主となってから

池田綱政は父・光政に見出されていた津田永忠を登用します。そして度重なる洪水の被害に疲弊していた岡山藩の財政再建のために新田開発はもとより、放水路・百間川の開削などの抜本的な洪水対策を行うことをしました。そして、1686年(貞享3年)ごろに百間川が完成しました。岡山藩の財政にも余裕が出てきたため、池田綱政は津田永忠に命じて、城北側の旭川沿い低湿地および宇喜多秀家によって集められた小姓たちが居住していた「小姓町」に自らの休息のための庭園を造るように命じました。

池田家の史料によると、1687年(貞享4年)12月に庭園の着工として「鍬始め」がとりおこなわれました。そして翌年の1688年(元禄元年)には本格的な土木工事にとりかかっています。そして、次々と園内の建造物や植栽が完成していきました。

藩主の綱政は、岡山城へ在城中には足しげく庭園に通っていました。庭園の工事が開始されて4年後の1691年(元禄4年)には、完成したばかりの延養亭で綱政が永忠といった工事に携わっている家臣の労をねぎらって園内で宴を催していることからも、完成する前の時点で綱政が十分に満足できる出来栄えになっていたとみられています。途中、洪水の被害を受けて施設の建て替えなどを余儀なくされましたが、その後も庭園の拡張や新たな施設の建築が行われていて、1700年(元禄13年)に一応の完成をみることになりました。

庭園は工事が始まった当初は「御菜園」や「御菜園塚」といった呼ばれ方をしていましたが、1695年(元禄8年)頃には城の背後にあることから「御後園」または「後園」と呼ばれるようになりました。

御後園の管理には、専門の奉行職が設けられて徹底した管理が行われていたため、園内は時の藩主の好みによってところどころ変えられていきました。完成した当初の園内は、綱政が田園風景を好んでいたため、田んぼや畑が多く配置されていました。

江戸幕府の末ごろまで

1771年(明和8年)に藩が財政難に見舞われたため、第5代藩主の池田治政が経費節減のために芝生を植えさせて、次第に現在のような景観に変化していきました。

御後園には藩主が岡山城へ在城中に休息のために度々訪れていましたが、江戸幕府が大名の生活を厳しく監視していたため、他藩の藩主や客人たちがが岡山に来訪した時には御後園は使われず、すべて岡山城内で接待していました。御後園で岡山藩主が客人らをもてなすようになったのは、幕府の力が衰えた幕末になってからのことで、1830年(天保元年)と1838年(天保9年)に第9代藩主・池田斉敏が実の父親で薩摩藩主だった島津斉興をもてなした記録が残っています。また、日を定めて藩内の人々を対象にした園内の公開が行われていました。

明治以降

1869年(明治2年)の版籍奉還で「御後園」は岡山城とともに一時的に明治新政府の手に渡りました。その翌年1870年(明治3年)11月に「御後園」は再び岡山藩の所有となりました。そして1871年(明治4年)2月7日に藩知事に就任していた池田章政が日を限って一般に開放しました。そしたこの時に、「御後園」の名称から「後楽園」と名前を改めましたが、この名前は中国・宋の范仲淹が著した『岳陽楼記』にある「先憂後楽」(「先天下之憂而憂、後天下之楽而楽」)からとって「後楽園」となりました。

江戸時代まで池田家が居住していた岡山城が兵部省管轄下となったため、住む場所を失ってしまったため、1871年(明治4年)7月14日に第9代藩主(池田斉敏)夫人の嶺泉院、10代藩主・池田慶政夫妻が後楽園に移住することになりました。

それから後、1882年(明治15年)に多額の負債を抱えて財政的にも苦しかった池田家では、当主の池田章政が岡山県に後楽園を土地は無償で、建造物と樹石は有償で譲渡することを打診しました。1883年(明治16年)12月22日から27日にかけて開催された県会では反対派の議員から後楽園に県有とするだけの価値があるかどうか疑問の声が上がったため、後楽園の買収の議案はいったん否決されましたが、後楽園の文化的価値や観光地としての価値を再検討した結果、1万2500円で買い取ることが決定しました。

後楽園はこの後、岡山県庁の付属地として扱われることになり、1884年(明治17年)に一般に広く公開されるようになるようになり、「日本三名園」の一つとして挙げられて多くの人々で賑わっていきました。

このように明治以降も江戸期の姿をそのままにとどめていた後楽園でしたが、太平洋戦争中の1940年代前半には食糧事情の悪化に伴って、園内の芝生部分がイモなどの畑に転換されたこともあります。

さらに1945年(昭和20年)6月29日の岡山空襲にって、延養亭など江戸期から残されていた園内の建造物の多くが焼失してしまいました。終戦後の1947年(昭和22年)頃には、進駐軍の宿舎として使用された時代もあり、園内には花葉の池の北に25メートルプールが造られていました。

進駐軍が撤退した後は、再び岡山県の所有となりました。そしておよそ2億円の費用を投じて園内を本来の景観に復元しています。1954年(昭和29年)6月1日からは有料として一般に公開されるようになりました。1967年(昭和42年)に園内の全ての建造物の復元が完了して、後楽園は往時の姿を取り戻しています。

岡山藩主
~後楽園・岡山城の成り立ち~

おしらせ